ブログ

【完成!骨組みから作るやっこ凧】 アトリエ通信2020年2月前半

2020.03.11

凧はなぜ揚げるの?を含め、様々なお正月行事の意味に触れた1月の制作が終了しました。

 

ペタタの対象年齢は親子クラスを含む2才から12才までですが、
2才には2才の混色を楽しんだ様子が、
3才には3才の筆使いが、
12才には12才の才能あふれる作品が完成です。

 

大きな子達の作品に刺激を受ける小さな子達の姿があり、
全年齢の子ども達の作品が並んだ様子は本当に素敵でした。

 

飾り凧として制作したやっこ凧は
ひと晩、水に浸した凧用の竹ひごをゆっくりと曲げ、骨組みから丁寧に作りました。

切った和紙に絵を描き、それを工夫して貼り付けたら、いよいよ完成!

作品を見る時の満足そうな子ども達の顔がとっても印象的でした。

「お~、やっこ凧って、こんな風に出来てたんや!」と言う子ども多く、
この『体験』がかけがえのないものなのだと改めて感じました。

カテゴリ: ペタタの教室
  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ