ブログ

海について考える!水族園でSDGs

2019.11.11

豊かな海を守るために、ぼく達わたし達ができることは、身近なことから。
大好きな水族館でSDGsを学ぼう。

絵本を通して知り、アートを通して体感する『親子で楽しく学ぼう!絵本とアートでSDGs』を 神戸市立須磨海浜水族園にて11月10日に開催しました。

 

アトリエペタタ主催のイベントですので、もちろん絵本とアートは必須です。

■SDGs関連絵本の読み聞かせや小さな子にもわかりやすいSDGsの解説
■関連絵本展示と絵本リスト配布
■水族園のスタッフの方の解説によるバックヤードツアーやチリメンモンスター探し
■チリモンをレイアウトしてレジンに固めるストラップ作り
など、盛りだくさんの3時間でした。

 

イベントは、親子20組のご参加です。
まず、アトリエペタタの代表 石橋幸子による
海洋プラスチックゴミについての絵本の読み聞かせでスタート。

絵本でSDGs推進協会 代表の朝日仁美さんによる絵本の読み聞かせと
小さな子にもわかりやすいSDGsの話もありました。

イベントで読んだ絵本は、この3冊です。

 

他にも関連絵本の紹介やSDGsゴールに合わせた絵本リストも配布しました。

 

そして、
須磨水族園スタッフの解説によるバックヤードツアーとチリメンモンスター探しも親子で楽しみました。

 

須磨海浜水族園に入ってすぐ目の前に広がる大水槽

上から見ると・・・また違う雰囲気。

バックヤードツアーで、対岸に!

バックヤードは不思議がいっぱいです。

普段見ることの出来ないお魚の餌がつまった冷蔵庫も見学です。

 

そして、チリメンモンスター探し!
水族園のスタッフの方の解説によるチリモン探しにみんな真剣です。


親子で協力して探し、話し合う姿も素敵でした。

 

次々にスタッフの方に質問する子ども達。
探したチリメンを顕微鏡でのぞいています。

 

一生懸命に探したチリモンはレジンで固めてストラップにして持ち帰り、みんな とっても嬉しそうでした。

たつのおとしごを発見!宝物箱に入れるそうです。

 

 


どの子も、一生懸命にレイアウトし、思いを込めています。
とっても素敵なストラップが完成しました!

 

 

ご参加頂いた方からは

 

■SDGsを難しく考えていたけれど、水族園で楽しく、こんなにわかりやすく学ぶことが出来てとても良かったと思います。また機会があれば、ぜひ参加したいです。

 

■教師をしていますが、絵本を通してわかりやすくSDGsを伝えることが出来ることに驚きました。参考にしたいと思います。また、水族園の専門の方からお話をきくことが出来たうえに、作ったストラップを持ち帰ることで子どもにとっても良い体験となり思い出になったと思います。

 

■楽しかったです。参加してよかった。SDGsにつていはほとんど知らなかったのですが、身近に出来ることがたくさんあり、早速帰って実践してみようと思います。須磨の海岸近くに住んでいるため、より海の大切さを感じました。子ども達が大人になる時の環境をしっかり考えたいと思います。

 

などの声をお寄せいただきました。

 

 

ご参加頂いた皆様、須磨海浜水族園のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

主催:NPO法人アトリエ・Petata
協力:絵本でSDGs推進協会

 

このイベントは子どもゆめ基金の助成事業です。

 

 

#アトリエペタタ
#NPO法人アトリエPetata
#絵本でSDGs推進協会
#絵本とアートでSDGs
#神戸市立須磨海浜水族園
#絵本専門士
#子どもゆめ基金

  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ