ブログ

絵本と体験と制作あそび!お芋掘り後の土を使って『泥絵の具作り』 3歳児

2023.11.23

今回の幼稚園年少児の造形指導は『サツマイモの壁面制作』です。

園児さん達が園庭で育てたサツマイモを収穫し
お芋が繋がっていることを実際に体験をした数日後の造形です。

 

『土の中で、どうなっているんだろうね?』

 

そこで、登場するのが『絵本』です。

 

おすすめ絵本は、こちら


かがくのともの『さつまいも』
作:小宮山 洋夫
出版社:福音館書店

 

 

『しぜんにタッチ!おいもができた』監修:馬場 隆
写真:榎本 功
出版社:ひさかたチャイルド

 

まずは絵本と写真絵本をたっぷり楽しみ、
絵本の世界と実体験をいったりきたりしながら、
子ども達は創造力を育みます。

 

*・・*・・*・・*

そして壁面制作へ。

 

泥絵の具を使って制作する事が多いのですが、
今年はお芋を掘った後の土をそのまま使って『泥絵の具作り』から挑戦!

 

まずは、土を集めて…

その後、土をふるいにかけてサラサラにします。

 

サラサラの土を、更に乳鉢でゴリゴリと擦っていきます。

 

そこへPV Aやアラビアガムなどの糊をいれて、しっかり混ぜれば泥絵の具の完成!

 

後は、できあがった泥絵の具を紙の上に塗り広げていきます。

普通の泥遊びの感触よりも、もっとなめならかな感触 !

楽しい!

楽しぃーーーー!

 

仕上げに、クラフト制作のお芋を貼れば、サツマイモの壁面の完成!

クラフト制作のお芋にも、土をかけているのがポイント!

ツルも本物を使っています。
白いのは、貼り付けるために塗っている木工用ボンド。
乾くと透明になるので、後日が楽しみ!

 

ちなみに、園庭でとれたサツマイモはこちら。
自分達で育てたお芋の味は、格別!

絵本と体験と制作が融合する、これがペタタのカリキュラムの特徴です。

 

 

  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ