ブログ

秋は年に1度の講師研修~ペタタント認定講師~

2021.11.28

毎年、秋頃にペタタント認定講師を対象とした講師研修《スキルアップ講座》を開講しています。

今年は11月28日におこない、9名の講師の皆様にご参加いただきました。

みなさん、幼児教室主宰や保育士、幼稚園教諭の現役の先生方で

それぞれの近況なども話しつつ

半日の講座時間のうちほとんどが制作実習という 実習メインの講座に向かって取り組まれました。

 

アトリエペタタの生徒さんが実際におこなったカリキュラム10作品の制作進行を紹介し、

さらに そのうち2作品の制作実習を通して、
そこからアレンジを探求します。

 

こちらは、石こうテープ(ギプス)で作った干支のトラです。

ペタタの11月~12月前半のカリキュラムで、
『干支』についてだけではなく、トラの生態と生き物の進化についても発展させています。

 

 

制作において、どのように声掛けしてどういったフォローすると
子ども達が制作しやすいかなどのポイントなどをお伝えし、
今回はトラを作りました。

 

ギプスの硬化時間は早いのですが、
当然ながら厚みがあるとすぐには乾きません。

 

当日の研修でもたっぷりの厚みを付け、ずっしり頑丈になったため
白いまま持ち帰り、着色は乾いた後にそれぞれがおこなうこととなりましたが、

 

これは、いつの干支にも
また、どんな動物の制作にもアレンジできます。

 

 

その他、石こうテープをアレンジして作るミニランタンや

ペタタでおこなった 『光の切り絵で作るハロウィンバック』をアレンジした
『光の切り絵で作るクリスマスプレゼントボックス』を制作しました。

 

 

ご参加頂いた先生方からは

 

■実際に自分で制作したため、普段の制作時には
子ども達もこんな気持ちで考えたり試したりしているのだと改めて感じました。
また、絵本を子ども達の興味や関心に合わせ、こちらの伝えたいことを折り込む方法など
本日の講座の中で大変学びがありました。

■普段使ったことのない材料での制作が楽しかったです。実際に自分自身で見て触る、ということの体験が
思考、思想を広げ豊かになるきっかけになる、ということ改めて感じました。

■季節・行事に向けてのテーマから保育のヒントなど、明日の現場の糧になる内容ばかりで参考になりました。
今、実際に働かれている先生方と一緒に講座を受けることが出来たので
他園・他施設の話など興味深い話もたくさん伺うことが出来、良かったです。

 

などの声を寄せて頂きました。

 

ペタタントのカリキュラムとニュースレターは、毎月郵送していますが
やはり こうしてお会いして実際に制作できることが大変うれしく感じます。

 

引き続き、コロナ対策等 保育の現場も大変であると思いますが、
それぞれの現場でのご活躍を心からお祈りいたします!

 

また来年も楽しみにしております。

 

アトリエペタタ

石橋幸子

 

  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ