ブログ

【10月の 幼稚園・保育園 造形指導】今月も楽しみました!

2020.10.31

早いものでもう10月も終わりですね。

今月も、ペタタ教室はもちろん、
保育園・幼稚園での造形指導『ペタタント』のカリキュラムを楽しみました。

 

前回から、ペタタの教室の様子を、教室内でお配りしている『アトリエ通信』の一部と写真をアップしていますが、

あわせて、保育園や幼稚園の様子も 月ごとにまとめてお伝えしていこうと思います。

 

今月は、落ち葉の絵本やお弁当の絵本で様々な制作をおこないました。

 

 

こちらは、保育園1歳児の様子。ダイナミックに絵の具を使い、秋の紅葉の壁面を制作しています。

 

指先をしっかり使い、ミノムシの制作をしたのが、保育園2歳児と幼稚園年少児(3才)です。

2歳児の壁面は、模造紙2枚分。子ども達と染めた木の枝を半立体で貼っています。

 

 

年少児は、模造紙4枚もの大きさです。
もちろん、どの年齢も、ベースの模造紙から塗っていきます。

 

保育園や幼稚園のカリキュラムは、ペタタ教室のカリキュラムを保育の現場にあわせてアレンジたもので、
季節の絵本とアート制作をクラス単位でアプローチします。

年中児からは、珍しい材料やクラフト制作も交えて壁面にしました。

 

 

【さらさらの泥を乳鉢の中で慎重に混ぜ、泥絵の具を作っていきます】 

 

【混色で作るサツマイモ】

【泥絵の具とサツマイモの地中】 

 

【4・5歳児は地面の下の生き物絵画に挑戦】 

【大迫力です!】 

 

【こちらは、お弁当のクラフト制作を貼り付けるための壁面ベース。芝生を着色しています】 
【お弁当クロスに模様を描いています。可愛いメッセージ入り(3歳児)】 

 

 

さて、明日から11月。
生活発表会や造形展をおこなう園にあわせ、
担任の先生と話し合いながら、それぞれのクラスに合わせたカリキュラムを作っていきます。

 

 

  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ