ブログ

【10月前半のペタタ教室】ステンシル版画と額装アート ~アトリエ通信より

2020.10.19

【10月前半のペタタ教室】アトリエ通信より

〇●===========●〇

前回は、『芸術の秋!額装をアートする』の2回目です。

1回目の時に、ノコギリを使って切った 何の変哲もない板に息吹が宿ります。

紙紐、ロープ、片面段ボール、不思議な形の型紙が絶妙なバランスで装飾され、金や銀に彩られました。

そして、楽しく教室内の凸凹を探して制作したフロッタ―ジュ(こすり出し)の作品に、ステンシル版画を飾って完成!!
芸術的な素敵な作品がずらりと並びました。

なお、前回のステンシル版画では、何冊かの絵本を読み、

 山装う』『錦を織りなす秋の彩り』   をキーワードに子ども達に伝えています。

 

また、秋の葉は 突然色が変わるのではなく 1枚の葉に色々な色が混在して紅葉していく様子やその葉脈を、
子ども達と一緒に確認しました。

その後、子ども達はステンシル版画に色々な色を重ねていきます。
子どもが描いた葉や葉脈をそのまま残し、味わい深い素敵な紅葉の完成です。

このように、出来上がりの作品だけでなく、その過程を大切にペタタでは制作しています。
今回、作品を返却しますので、ぜひお家に飾って 子ども達の作った『秋』をお楽しみ下さい。

カテゴリ: ペタタの教室
  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ