ブログ

ふわふわの綿菓子みたい~!【処暑と綿柎開(わたのはなしべひらく)】~二十四節気・七十二候の絵本~2020,8,23

2020.08.23
【季節の絵本】
今日は二十四節気の『処暑』暑さが落ちつき始める頃。
特別な夏となった今年ですが、時間は流れ季節は確実にすすんでいます。
夏の終わりが近づいてきました。
写真は神戸の須磨海岸。
世界がつながる海に思いを馳せ、
今日ご紹介するのは文字のない絵本『漂流物』
じっくり眺めてもらいたい1冊です。
そして、七十二候では、今日から処暑の初侯で『綿柎開(わたのはなしべひらく)』です。
柎が開きはじめると、ふわっふわの綿。本当に可愛いですね。
ぜひ、現物を見て欲しくて、子ども達の作品の植木鉢に綿の種を添えて返却したことがあります。
綿の花が咲く様子を描いている 絵本『そらまめくんのあたらしいベッド』も是非読んでもらいたい1冊です。
そして、写真は、子ども達に大人気だった制作。
ふわっふわの綿菓子みたいな物は…バブルアート!
 
子ども達が配合したシャボン液、弾力も最高です。
ちなみに、このバブルアートで、絵画の背景を着色しました。
カテゴリ: ペタタの教室
  • 最近の記事

  • カテゴリ

  • 月別アーカイブ